包茎治療は自分で出来る?自宅と病院の治療方法のメリット・デメリット

自宅で包茎を治療するメリット・デメリット

仮性・真性を問わず包茎をコンプレックスに感じている男性は多いですよね?病院を利用して治療する事に恥ずかしさを感じて放置している方や自宅で治療したいと思っている方も多いと思います。自宅で治療をするメリットとして手術費用等の出費を抑える事が出来る事や誰にも見せる事なく治す事が出来る可能性があるといった点が挙げられます。しかし、インターネットや雑誌等の情報を鵜呑みにした間違った治療方法を行うと鬱血したり怪我をしたりといったデメリットがある事から推奨はされていないんですよ。

病院での治療するメリット・デメリット

病院で包茎を治療する最大のメリットは、安全に完治させる事が出来るといった点ですよね。診察の際に複数ある治療方法や手術方法から選ぶ事が出来る事や不明点や疑問点をすぐに医師の方に質問する事が出来る事もメリットと言えるでしょう。また、手術方法によっては傷口が目立たないように仕上げる事が出来る事から包茎治療をした事を周りに気付かれる事がない事も嬉しいメリットですよね。病院を利用した治療のデメリットは治療費等の出費が必要になる事が挙げられます。

どちらの治療方法が良い?

自宅と病院での包茎治療には、それぞれ異なるメリットとデメリットがありますが安全面を考慮すると病院で治療する事が推奨される場合が多くなっています。無理に包皮を剥く事で激しい痛みを伴う事や血液の循環が止まってしまう可能性がある自宅での治療は危険と言えるでしょう。また、包茎を完治させるには専門の知識を持っている医師の方の判断が必要になる事から病院を利用する方が良いでしょう。真性包茎の場合、保険適用する事が出来る事もある事や包茎治療を専門に取り扱っているクリニックも多くあるので1度検討してみてはいかがでしょうか。

大人になっても、何らかの原因によって男性の性器の亀頭部分を包皮が覆ったままになっている状態が包茎で、匂いの原因にもなります。治療に関してはメンズクリニックや皮膚科などで一般的に行われています。

Related Posts