色々あるけれどどれがいいの?LED照明の選び方

リビングには間接照明がおすすめです

LED照明を選ぶ時、色々なものが出ているので迷いますよね。特にリビングは家族が集まるところですし、お客を招くこともありますから気合を入れて照明を選びたいという人もいるのではないでしょうか。リビングの照明は間接照明がおすすめです。間接照明は直接光を当てずに壁や天井に光を当てて照らす照明技法のことです。直接照明に比べると目に優しく柔らかい雰囲気になります。間接照明にするとリビングがより居心地の良い空間になるかもしれません。

直接照明でも良い雰囲気にできます

部屋は明るいほうが良いので、間接照明はちょっとという人もいるかもしれません。直接照明でも雰囲気の良い照明器具はたくさん発売されています。レトロなタイプの照明器具を使えば懐かしい雰囲気のお部屋になります。カラフルなものを使うのもおすすめです。照明をアクセントにしてインテリアをコーディネートするとおしゃれな部屋になりますよ。部屋のアクセントに使うときは照明を使わない昼間に部屋に馴染むかどうか良く検討したほうが良いでしょう。

電球の色をチェックしましょう

LED電球を照明に使うことが多いと思われますが、電球の色は3タイプ出ています。メーカーによって多少名前が違いますが、白みの強い昼光色とややオレンジがかった電球色とその中間タイプの昼白色です。この違いは温度によるものです。昼光色のほうが温度が高く、電球色のほうが温度が低くなっています。電球の色によって部屋の雰囲気がかなり変わりますから、色々試してみるのも良いかもしれませんね。部屋の雰囲気にピッタリ合う電球を選びましょう。

LEDライトパネルは薄型で軽量なので、設置をする場所を選ばずに看板や展示会など幅広い用途で使うことが出来ます。

Related Posts