緊急事態発生!あなたの会社、BCPは大丈夫ですか?

BCP(早期事業継続計画)

自然災害は企業にとっても脅威となりうることがあります。それ以外にもテロだったり大火災に巻き込まれたとしても、業務自体は待ってくれません。そういう場合に備えてあらかじめBCPと呼ばれる早期事業継続計画を制定しておくことが重要です。あらかじめBCPを練っておけば万一災害等に巻き込まれたとしてもすぐさま事業を立て直すことで規模の縮小や倒産を回避することができます。BCPの制定は企業が信頼され、株主からも支持されうる要因となるのです。

BCPの流れとその内容

では、BCPとは具体的にどのような内容になるのでしょうか?まず災害が発生した直後に対応する初動対応計画があります。応急救護や消火活動などで被害を最小限にとどめ、緊急連絡や情報収集などで仮復旧へとつなげていく手段の事です。次に行うのが仮復旧計画です。バックアップシステムの立ち上げや業務継続のための引き継ぎ作業などの業務を借り再開させるために必要なことを行うことです。そして本復旧計画へとつなげていきます。すなわち、暫定的に行っていた業務や設備を平常時のものに戻していく作業をさします。

普段から心がけておくことがBCPの要

しかし、災害等の非常事態はいつ発生するかを予見するのはほぼ不可能です。なので、普段からできる範囲で業務遂行ができるようにあらかじめ準備をしておく必要があります。今すぐにでもできるものとしては、緊急連絡先や安否確認用リストのこまめな更新、非常用の食料や水分など防災備蓄用品の用意、避難訓練などがあげられます。これらは災害が発生し、収まった後になってから気にし始めることがありますが、普段から気を付けておくことで業務を滞りなく進行させることができるのです。

BCP対策は、まさかの時の事業継続のためのプランですが、最近は内部監査(Internal Audit)の検査項目にもなっています。

Related Posts